【TOP】LifeLulu株式会社 > LifeLulu株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 民泊新法180日以外はどうする??

民泊新法180日以外はどうする??

カテゴリ:民泊について

こんにちは!民泊担当の新垣です。

年の頃はおニャン子クラブの世代です()

わからない方はググってみてください!


【住宅宿泊事業法】が始まりとても忙しく感じましたが

まだ1ヶ月半しか過ぎていませんでした(^▽^;)

 

さて今日は【住宅宿泊事業】

年間提供日数180日以内について少しお話します。

この新しい法律は

国土交通省・厚生労働省・観光庁がトリオで管轄しています。

すごいトリオですね!


新法での民泊年間提供日数は180日と決められています。

2ヶ月に一度、提供日数を報告します。

沖縄県ではさらに制限がされていて

地域と用途地域によりますが、月曜日から金曜日の正午まで制限

また学校の敷地100m区域内の場合は

学校で授業が行われている期間は制限となっています。

対象の地域は要注意です!(届出時に確認されます)


180日でも1年の半分なのにさらに制限がかかると

空き時間が長いですね。

そこで今注目されているのが

空き期間を貸し出しする【マンスリー】です。


【民泊】は旅館業、又は住宅宿泊事業

【マンスリー】は不動産賃貸業になります。

マンスリーの場合は賃貸契約の締結と

利用期間中の部屋の管理は利用者(リネン等の提供を行わない)

あとは滞在期間です。


だいたいのマンスリー掲載サイトは

1週間(7日)以上と規定しています。

この日数に関しては旅館業を管轄する各自治体に

確認するのが望ましいですね。


6日はだめで7日は良い?

マンスリーって1ヶ月の事じゃない?

ウィークリーとマンスリーってどう違うの?

契約したけど早く退去したら旅館業違反?

180日に数えないといけないの?


あーあーあー頭が痛い…(>_<)


でもすっきり解決して

管理している住宅宿泊事業者様にも

マンスリー活用をおすすめできるよう完璧に調べます!

しばしお待ち下さいませ。


※画像はハイビスカス

私の住んでる嘉手納町町花 でも写真は読谷村のむら咲むら(笑)



 

≪ 前へ|佐賀・・・・   記事一覧   民泊の届出ってすぐできる??|次へ ≫

トップへ戻る